和食の根っこ

野菜の通販を行っているお店がこちらです、とっても美味しいのでぜひ一度こちらの野菜を食してみてくださいね。

和食は今やヘルシーな料理として世界で注目されています。豆腐はダイエットフードとして有名ですし、昔はゲテモノという扱いを受けていた寿司だっていまやSUSHIとして世界各国で有名です。中にはちょっとおかしなものもありますが、それでも和食の知名度はフランス料理や中華料理にも負けないくらい人気が出始めている料理です。

そんな和食には必須とも言えるのが、だしです。蕎麦やうどんなどのめんつゆを作るためにもだしは必要ですし、鍋ものを作る時だって昆布でだしをとったりして鍋の味を引き立たせています。だしは和食の基本であり、そして極意でもあります。試しに極上のだしでめんつゆを作ってみましょう。蕎麦、うどん、そうめんなどの味が全く変わってきますよ。
筆者は以前そういったこだわりのそばを食べて感動しました。いつも食べているものがインスタントだったせいもありますが、ここまで味が変わるものかと思いました。詳しく話すと長くなるから割愛しますが。

で、もう一つ。今でこそ和食には肉閭里が含まれていましたが、昔は和食といえば魚や野菜が主な料理だったんです。特に精進料理は豆腐や野菜が主なので、結構様々なものがあります。

そんな訳で今回は、和食の根っこである。野菜や、だしについて話していこうと思います

カレンダー
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031